JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

石狩では No Thanks ! 「マッケイン」,「マスティン」,「いしかり」 もくじ

2008.02.06 公開
2014.08.15 独立
2015.02.20 更新

早口でまくしたてるこの国の総理の日頃の文脈から言えば,「抑止力」とは相手にニラミを効かせることに他ならないでしょう。
ニラまれた相手もニラみ返してくるならば,もっと烈しくニラミつけなければなりません。
ニラミあいのスパイラルは,やがてニラミあうだけではすまなくなるかもしれません。

きな臭さを感じて,私の火災報知機は鳴りっぱなしです。

戦艦の寄港,オスプレイの飛来・・・
戦争を美化するヘンなものを石狩にも持ち込もうとする動きは,どんなことであれ
★ お・こ・と・わ・り ★
69回目の終戦記念日を期して,ページを「番外編」から独立させました。
願わくば,これ以上このページが大きくならないことを!

2014.08.15


招かれざる客 イージス艦寄港 2008.02.06 もくじ
今朝(2008.02.06),石狩湾新港・西埠頭に米国海軍のイージス艦「ジョン・S・マッケイン」が寄港した。
去年(2007.02.05)も,同じくイージス艦「ステザム」が押しかけてきている(石狩湾新港には初寄港)。
そのころ「花畔」にこだわる旅支度を始めたばかりで,退職前でもあった私は,うっかりぼんやり,対応しきれなかった。しかしそれだけでは済むはずがないだろうとの悪い予感どおり,今年もまた律儀に押しかけてきてくれたものだ。有無をいわさず寄港を恒例化しようとの意図が見て取れる。米軍戦略の中に,すでに石狩湾新港もすっかり組み込まれているのかもしれない。危うい。

早速樽川埠頭に行ってみた。ハマナスプロムナードの先のモニュメントあたりまで行けば,かなり間近の写真を撮れるかもしれない。駐車場に先に止まっていた車から2人の男が降りてきてあっさり制止される。「警察です。そこから先は立入禁止です」

諦めて引き返す。途中,西埠頭へ通じる道路の入口を固めていた警備風景を撮った。たちまち数人の男に取り囲まれる。「免許証をみせてください」という。「親善と友好」を目的とする船の写真を撮りに来ただけで,なにひとつ咎めだてされる筋合いはない。が,おとなしく従う。

放免された後,花畔埠頭に向かう。こちらは表立った規制はない。目つきの鋭い男たちが乗った何台かの車を見かける。構わず,中央水路を隔てて対岸西埠頭に停泊中の船の写真を撮る。その私の姿を撮っているカメラの視線を背中に感ずる。感じすぎ?

港の厳重な警備体制からすると,"寄港目的"が「親善と友好」だなんて歯が浮きそう。乗組員たちに雪まつりを見学させるのが「親善と友好」とやらなのか。

実はこの国の側にも,「招かれざる客」を心待ちにしているものたちが案外たくさんいるような気がして,背筋が冷たくなる。


帰路,氷結した茨戸川に下りて,ワカサギ釣りの人たちと談笑した。

いつもの通り同行した女房にも,「緊張感」と「和やかさ」の織り成す実り多いいち日だったに違いない(ホントかな?)。


こんなものはいらない 護衛艦いしかりの主錨 2008.10.20 もくじ
いしかり砂丘の風資料館前。
平和都市であることを高らかに宣言(1994年)している石狩に,いきなり根を下ろした錨。
この町とはほとんど縁もゆかりもないものでも,”いしかり”の名がついていさえすればありがたがるのか?
思い入れが強くてどうしても飾っておきたいというのなら,後援会のおえらいさん宅の床の間にでも置いてほしいものだ。



厭なものはイヤだ ミサイル駆逐艦寄港 2012.02.06 もくじ
1月12日に,米海軍ミサイル駆逐艦マスティンから,石狩湾新港に入港したいという要請があったという報道があった。
しかしその後ほとんど音沙汰がないまま,今朝(2012.02.06)予定通り入港したという。
新港の管理者は原発にもニコニコ顔のあの北海道知事。入港を許可しても格別驚くことではない。

接岸した西埠頭へ向かう道路も,樽川埠頭の先の遊歩道"ハマナスプロムナード"の入口も,立入禁止。
おいしい海草を取りにいくといって柵をまたいで入ったおじさんがいたが,たちまち管理組合の職員らしき人間が車で駆けつけ連れ戻されてしまった。監視カメラで常時見張っているのだろう。

普段は市民に開放されている道路すら封鎖して近寄らせない。
今回の寄港の目的も「親善と友好」だというが,聞いて呆れる。
艦長いわく『北海道独特の歴史を学び,文化を体験する・・・』
雪まつり見学でか。それはご立派,なにをかいわんや。

とにかく不気味な船体である。
核の搭載うんぬん以前の問題。
無彩色の血の臭いがする。

石狩湾新港には,4年前のイージス艦に続いて3度目。
何度来たって,厭なものはイヤなのだ。

花畔埠頭から

西埠頭入口

樽川埠頭