JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

【花畔・網】
単発番外編

2007.08.07 公開
2015.02.20 再開
2015.04.29 更新

2014年7月【花畔・網】がほぼ3ヶ月の眠りから覚めて再開後も,ここ『番外編』ページは寝ころんだままで起ち上がれませんでした。なぜならあまりにもページが肥満化してしまい,動きがとれなかったからです。

その後シリーズ化した項目については順次切り離して,独立させたり,いくつかをまとめたり,あるいはほかのページに組み入れたりすることによって,単発の項目のみが残り減量化に成功しました。

が,スリムになればいいかというと必ずしもそうでもないのです。貧相すぎても寂しいものがありますので,『収集癖』ページでちょっと場違いな「お世話になった?車たち」をこちらにトレードして再開することにしました。いかがでしょうか?

2015.02.20

もくじ
客船「ふじ丸」寄港 花畔埠頭に接岸 2007.10.02
第3の市民風車誕生 ”かなみちゃん”の組み立て風景 2007.12.24
廻ってる! 開発局の小型風車 2010.03.12
水門開く! 石狩放水路 2009.12.03
怠けものの盆働き ハタンキョウを切る 2012.08.28
お世話になった?車たち こそこそするのは後ろめたさの表れか・・・ 2013.10.19

以下の項目はこのページから分離し,それぞれ独立ないしほかのページに組み込みました。
項目名をクリックすると,分離後の新たなページにリンクします。
8月,旭岳名残りの花 姿見の池遊歩道から 2007.08.03
花畔大橋の日の出   2008.01.07
2008.01.01 元日の花畔神社 と 花畔大橋 2008.01.07
2008.01.14 花畔神社のどんど焼き 2008.01.15
招かれざる客 イージス艦寄港 2008.02.06
厭なものはイヤだ ミサイル駆逐艦寄港 2012.02.06
ただひとつ残る渡船場 美浦渡船 2011.10.24
篠津運河と石狩川頭首工   2013.11.07
こんなものはいらない 護衛艦いしかりの主錨 2008.10.20
2009年 徘徊初め 花畔神社,放水路水門,石狩灯台ほか 2009.01.05
石狩の朝焼け&夕焼け 2014.02.27
茨戸川のワカサギ釣り-2009 ワカサギよりも命が大事です! 2009.03.24
茨戸川のワカサギ釣り-2012 氷上での釣りは大変危険を伴います。 2012.03.25
石狩川河口での遭遇 2014.03.31
貨物船座礁 石狩湾新港 2010.04.16
廃橋ツアー 三弦橋ほか(シューパロ湖),タウシュベツ川橋梁ほか(糠平湖),赤岩橋,英橋,小樽内橋(新川河口橋) 2014.03.05
許してください 2011年の雪 ドカ雪,雪解けが遅い 2011.04.18
雪こそいのち わが命 2012年の雪 雪足が速い 2012.03.13
雪に遊ばれる 2013年の雪 ヘコたれるにはまだ早い 2013.03.29
戦いの火蓋は切られた 2014年の雪 おそるおそるヘルニア 2014.03.21
石狩の積雪データ アメダス情報から抽出 2014.04.06
動物たち シカ,キツネ 2013.06.27
石狩の紅白 熱供給用煙突,石狩灯台,幌灯台,ガントリークレーン,民家の煙突,小型風車,動く紅白 2014.03.21
サケ・ウォッチング 厚田川,浜益川,毘砂別川,ボクサナイ川,濃昼川 2013.10.20
サケ・ウォッチング−その2 定置網漁の水揚げ風景 2013.10.20
花畔神社・どんど焼き 2008年,2013年,2014年 2014.01.16
分離  印 (2009.06.10) , 印 (2010.05.25) , 印 (2013.07.09) , 印 (2013.07.21) , 印 (2013.12.30) , 印 (2014.7月以降)


客船「ふじ丸」寄港 花畔埠頭に接岸 2007.10.02 もくじ
2007.09.05 の朝のこと。一部とはいえ,この日初めて花畔埠頭の中に正々堂々と入れたことが最大の収穫。
埠頭への入り口風景。開放されたのは"花畔6号線"。立入禁止区域へはコンテナが並べられて通せんぼ。

「ふじ丸」の全景。

あちらこちらの「FUJI MARU」。

歓迎の子どもたちと船長。

市内観光バスと,報道陣と,「船内見学当選者受付」。こんな船ん中見たってしょうがないべさ,と悪態をついてみる。ちょっと大人気ない。

第3の市民風車誕生 ”かなみちゃん”の組み立て風景 2007.12.24 もくじ
名前は近く公募するのだとか。
2007.09.05 花畔埠頭にふじ丸が寄港したときたまたま見かけて,「これ,なんだべ?」と,とりあえず撮っておいた写真。
第3の風車の羽根だったなんて…

2007.09.18 3台の風車の風景に,場違いなクレーンが。このときもまだ,なにができるのか分からなかった。

2007.09.23 朝 1枚目の羽根の取り付けがほぼ完了していた。2枚目の羽根の取り付けのために120度ほどゆっくりと回転させる。下では羽根の吊り上げ準備が始まる。見ているとイライラするくらい時間がかかる。念には念を入れて,ということか。

2台のクレーンでいよいよ吊り上げ始める。

支柱との合体作業。吊り上げ準備にかかった時間に比べると,あっという間に合体完了という感じ。

2007.09.24 朝 3枚目の羽根の装着も完了していた。大型クレーンの解体撤去作業。

2007.09.26 ポイントを変えて4台の風車風景。

2007.12.08 師走の夕陽を受けてボンヤリ。さらにボンヤリと,右下雪の上にキタキツネわかりますか?

2008.07.12 名前がついた

花畔の風車たち全員集合

廻ってる! (← 動くGIF画像) 開発局の小型風車 2008.04.12

2010.03.12
もくじ
石狩放水路脇,3基の市民風車の対岸にある開発局の小型風車。
去年(2007年)はついに一度も廻っている姿を見たことがなかった。
故障がちで,外国のメーカーからの部品の調達がままならないということらしかった。

ところが今年(2008年),3月19日,初めて気持ちよさそうに回転しているのを目撃した。
その後も国道231号を走るたびに,とまっていたり,廻っていたり…
4月8日,ついに回転している雄姿?をとらえることができた。
きちんと覚えているわけではないが,ひと月ほど前から見かけるつどいつも機嫌よく回転している。
この日も廻っている姿を動くGIF画像で捉えてみた。

(2008.12.08)
夕張山系に昇る朝陽を撮っての帰路,風車たちは4本とも元気よく動いていた。
久しぶりに開発局の風車の回転する雄姿を捉える。

(2010.03.12)

水門開く! リンク: 石狩放水路 2008.08.14

2009.12.03
もくじ
2002年(平成14年)以降は一度も開けられたことがないという,石狩放水路水門。
2008.08.13 たまたま通りがかると工事中の風情。よく見ると,水門が上げられているではないか。
どうやら,水門の塗装塗替工事らしい。前回が1995年ということなので13年振りの化粧直し。
上げられた水門の海側には,海藻類などがびっしり付着している。

海側から

茨戸川側から

左の水門
(閉じている)

右の水門
(開いている)

上げられた水門
(海側の面)

怠けものの盆働き ハタンキョウを切る 2012.08.28 もくじ

2012.08.15

8月15日。世の中はお盆である。
こういうときに限ってじっとしていられない悪い癖がある。

34年前,庭の南東隅に植えたハタンキョウ
実がならないばかりか,太いところでは40センチ近くになり,手に負えなくなっていた。

適当な高さで切り倒す。
"カオナシ"と"まっくろくろすけ"が現れた。


 

 

 

8/27

8/28

 
8/27 もっと切る。
8/28 さらに切る。
幹径:28X34センチ。33〜34本の年輪を確かに刻んでいる。

お世話になった?車たち こそこそするのは後ろめたさの表れか・・・ 2008.04.14 〜
2015.02.20
もくじ


そのとき運転者だったり,あるいは同乗者だったり,はたまた…
シチュエーションには微妙な違いがあるものの。。。
このコレクションに限っては,今後あまり増やしたくはないものである。

とかいいながら,こっそりひとつ追加しました。それもえらい近場で。 (*)


2001.xx.xx
鵡川町字田浦

2001.yy.yy
札幌市北区屯田

2003.xx.xx
留辺蘂町字金華

2006.xx.xx
札幌市西区発寒

2008.xx.xx (*)
石狩市花川東

2013.xx.xx (\)
札幌市北区あいの里
(\) 5年ぶりの追加でも,『おひさしぶ〜り〜ね〜』などと呑気に唄っていられる場合ではない。
次々に通り過ぎる後続
違反車に対して,「ワタシ,見てませんから」と見て見ぬ振りを貫いた"巡査部長"氏は立派だ!
法の下の平等」,とはつまりこういうことなのだ。
国道337号,あいの里4条10丁目。拓北水再生プラザとロイズビルに挟まれた道路。両側に民家はまったくない。一方通行でもない。
そもそも,自由に入ることができるようにしておいたまま,(右折禁止なら合点がいくが)何故左折禁止の通行規制なのか。皆目意味不明
入ってはいけない(道路としての機能を認めない)道路であるなら,標識ではなく,始めから進入禁止の物理的ブロック措置を講ずるべきだろう。

ごちゃごちゃいっても仕方がない。太いものには巻かれろ,だ。HONDA CB1300 の初登場を祝おう。