JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

雪と戦い遊ばれる アメダス・データ2022年,2021年,2020 もくじ

2011.01.13 公開
2013.12.30 独立
2022.04.01 更新


石狩の積雪データ アメダス情報から抽出 2022.04.01
持続可能な雪かき目標 2022年の雪 SSSGs は如何にあるべきか 2022.04.01
雪にもコロナにも 2021年の雪 負けないつもりでいますが 2021.04.04
地球温暖化のせいか? 2020年の雪 雪の出足が鈍い 2020.04.01
待ちに待った… 2019年の雪 待ってなんかいませんって! 2019.04.05
早過ぎる 2018年の雪 不吉な予感 2018.04.01
腕が鳴る 2017年の雪 アセかきベソかき歩こうよ〜 2017.08.04
余裕しゃくしゃく 2016年の雪 今後の展開が読めない 2016.03.16
でも諦めない 2015年の雪 寒いから降っただけ積もる 2015.11.27
戦いの火蓋は切られた 2014年の雪 おそるおそるヘルニア 2014.03.21
雪に遊ばれる 2013年の雪 ヘコたれるにはまだ早い 2013.03.29
雪こそいのち わが命 2012年の雪 雪足が速い 2012.03.13
許してください 2011年の雪 ドカ雪,雪解けが遅い 2011.04.18


石狩の積雪データ アメダス情報から抽出 2022.04.01 もくじ

気象庁の気象統計情報からここ何年かの石狩の"雪"データを拾い出してみた。

2022 2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005
最深積雪値 cm
12/15 0 19 2 32 18 22 0 62 39 34 41 7 0 17 17 15 31 15 前年の12/15
12/25 18 48 25 33 26 57 16 87 41 72 64 7 28 1 24 32 47 42 前年の12/25
1/05 54 59 22 63 59 54 22 128 106 84 82 60 34 35 36 18 63 65
1/15 89 69 31 58 73 62 67 128 122 95 112 130 59 60 56 57 95 68
1/25 109 69 44 85 79 75 80 144 121 105 121 126 75 50 80 56 108 97
2/05 128 81 75 75 85 61 68 133 136 105 133 119 88 54 84 57 151 104
2/15 128 84 53 96 90 58 55 140 126 140 136 121 109 54 99 80 125 119
2/25 144 102 69 74 112 74 78 120 141 159 135 114 100 66 101 75 97 121
3/05 127 114 72 62 102 52 87 119 137 141 129 154 96 68 96 61 96 140
3/15 99 79 45 50 80 55 62 104 132 141 113 122 86 56 65 64 86 131
3/25 82 46 6 38 66 41 45 78 107 128 101 103 75 18 27 49 69 91
4/05 0 0 0 0 0 0 20 60 86 88 65 47 0 0 7 53 70
4/15 0 0 0 0 0 0 0 21 32 45 14 0 0 0 0 6 21
月間降雪量 cm
11月 0 27 37 34 63 107 25 2 57 37 30 8 31 21 33 11 22 33 前年の11月値
12月 113 161 112 179 160 172 104 267 169 215 238 97 103 101 102 129 173 185 前年の12月値
 1月 238 140 121 148 194 114 192 208 232 174 246 304 207 139 242 162 221 188
 2月 129 133 165 110 143 83 142 80 138 191 150 108 129 154 169 139 126 205
 3月 38 35 71 45 82 74 79 66 81 100 66 133 113 77 17 112 113 136
 4月 0 0 4 0 0 0 2 17 18 34 19 13 0 0 2 45 11
年間 496 506 520 642 550 542 625 694 735 764 673 596 492 563 555 700 759
最大積雪値 cm
165 123 77 101 130 75 92 161 156 179 152 154 117 79 121 80 157 152
2/6 3/2 2/6 2/13 3/1 1/25 2/29 1/21 2/22 2/21 2/19 3/5 2/16 3/3 2/23 2/14 2/6 3/1
最終根雪日
4/1 3/25 4/4 4/4 4/3 4/3 4/7 4/17 4/20 4/21 4/16 4/12 3/31 4/1 4/6 4/15 4/17
札幌管区気象台へのリンク
石狩 (イシカリ)の降雪量や積雪の深さの推移 (気象庁札幌管区気象台)


持続可能な雪かき目標 2022 SSSGs 2022.04.01 もくじ


今年もなんとか戦い終えた
3月になったら雪かきなんかするものか!などときばる必要もないくらい,1,2月に比べてまるで雪の降らない3月だった。排雪が遅れに遅れたことと相俟って,新たに降った雪かきはまったくしないですんだ。こんな年も珍しい。
2022.04.01
6時。寒い朝だった。例年より雪はどっさり残っている。けど,路面はすっかり出ているし,春だ…と思ったらたちまちの雪。冬に舞戻りだ。

2022.04.01 (5:58)

2022.04.01 (9:21)


排雪はいつだ?
2022.02.17
2/6-7のとんでもないドカ雪の後,ここ10日ほどほとんど降らない。体が鈍り気味だ。今朝も期待して飛び起きたのだが,西の空には煌々と満月。もう排雪なんか入らなくてもいいぞっ!
2022.02.20-21
上品な老人が悪態などつくものではない。すぐにしっぺ返しを受けることになる。20日は早朝と昼の雪かき。21日朝は猛吹雪の吹き溜まり処理と道路の除雪で5時45分から8時まで。幸か不幸か湿雪で雪の壁に貼り付けるのには最適。花畔岬がぐんぐん高くなる。
2022.02.22-23
雪かきなんてしなくて済むのならそれにこしたことはない。でもどうせせざるを得ないのなら楽しんでやった方が少しは気が楽だ。とはいえ19日から連続5日の早朝1時間以上の雪かきというのも相当タフだ。
22日朝の吹き溜まりは高さ70〜150cm,斜めに横断して道路を完全に塞いでいた。下の写真はどうしたものか途方に暮れて撮ったもである。
そして今朝23日も昨夜の除雪車の置き雪+深夜の積雪。間口を片付けるだけで1時間半。雪は運んで道路わきの壁に貼り付ける。必然的に花畔岬の幅も広がり130cmに。道路は狭まる。敷地内の駐車スペースは手つかず。
2022.02.26
22日に3度目のワクチン接種。翌23日朝烈しく雪かき。そしたらその夜から38度近くの発熱と倦怠感。さすがに24,25日は降参。これではいかんと,今日は間口と道路側から侵攻を阻止せんとする。
2022.03.12-15
3月になったら雪かきは絶対にしない。降ったってたちまち解ける。しかしすでに硬く積もっていて専制君主のように人々にのしかかっている硬直思考の雪には,なんとかお引き取り頂く算段を考えねばならない。なのに石狩市の排雪はいまだに来ない。ダンプが少ないせいにすればいいのか。呆れるばかりだ。
おかげで大汗を掻けて気持ちいい。雪は神様だ。プーさんのおかげだ。あれっ???
2022.03.17
例年よりひと月半遅れてようやく排雪が入った。遅すぎるよ。

2022.02.17 (5:54)

2022.02.20 (15:56)

2022.02.21 (8:01)

2022.02.22 (6:05)

2022.02.23 (7:27)

2022.02.26 (12:37)

2022.03.12 (13:29)

2022.03.13 (14:15)

2022.03.15 (11:41)

2022.03.17 (11:14)

2022.03.17 (15:14)

2022.03.17 (15:36)


7年ぶりの手強い雪だ
2015年は12月から大変な大雪だった。けれど,翌2016年以降はずっと控えめな雪が続いてラクだった。
しかし今年はちょっぴり様相が異なる。
2022.01.04〜17
過去初めて,駐車スペースに雪の山を置き残す事態となった。もしかしたらこれは持続不可能な事態なのかもしれない。
2022.01.21
18日から今日まで4日間朝の雪かきゼロ。仕方ないので駐車スペースの置き雪を処理。
昨年1/29に続いて,少し幅広だけど花畔岬の久々一年ぶりの登場である。今回もやや作為的。
2022.01.22
予想に反して日中ずっと降り続く。石狩市花川地区の生活道路排雪もようやく始まったようだが,ここまで辿り着いてくれるのはいつになるのだろうか。ご近所さんたちが契約している私的排雪業者は,通常7日ごとなのだが16日たっても現れる気配がない。
2022.01.23
暗いうちからたっぷり1時間雪かきして,その後石狩浜を歩く。合計12,700歩。さすがにくたばって,1日遅れの更新となってしまいました。
2022.01.25
画像は朝の軽い雪かき後。事件は午後3時過ぎに発生。市の除雪車がしっかりと置き雪していってくれた。これまでも何度かあって,堪忍袋の緒が切れた私は除雪センターに電話。間もなく片付けに来た除雪車のドライバーと大喧嘩。いや,別に殴り合ったわけではなく,互いに”あんたのいうことも分かる!分かるけれども…”の際限のない堂々巡りで,結局風邪ひきそうになってお開き。
2022.01.26
排雪もかなり遅れそうだ。雪の山を後ろに移動して雪を放り上げるスペースを作る。横から見るとこんな按配。今冬一番の大汗を掻く。体が動くうちはシアワセなんだから・・・
2022.01.27
またまたドカッときて,雪かき1時間半。昨日,雪放り上げスペースを作っておいてよかった。花畔岬もじわじわ伸びる。
2022.01.28
夕べの除雪車。極めて丁寧な仕事ぶりにアッパレ!。そして寝静まった深夜,雪かき爺ぃの鼻を明かすかのようなドカ雪。早朝1時間半の雪かきで片づかず。朝メシ後,雪を放り上げ,放り上げた雪を後ろに動かす。これで排雪まで2回ほどのドカ雪に持ちこたえられるはず。それ以上は絶対無理。持続不可能
2022.01.30
駐車スペースにたまった雪を掘り出して花畔岬の上に積み上げる。高くそびえたった
2022.01.31
30日夜から31日終日降雪。ロードヒーティングも根負け気味。
2022.02.02
また,放り上げた雪を後ろに移動。排雪はいつになるのか…?
2022.02.07
2/6-7のとんでもない雪の顛末は,Topics速報遅報を参照してください。

2022.01.04 (7:09)

2022.01.09 (6:36)

2022.01.10 (9:55)

2022.01.12 (8:07)

2022.01.13 (19:55)

2022.01.17 (6:39)

2022.01.21 (13:17)

2022.01.22 (15:27)

2022.01.23 (7:04)

2022.01.25 (6:26)

2022.01.26 (10:25)

2022.01.27 (7:29)

2022.01.28 (10:20)

2022.01.28 (10:50)

2022.01.28 (11:39)

2022.01.30 (13:14)

2022.01.31 (13:43)

2022.02.02 (11:27)


SSSGs (Sustainable Snow Shovelling Goals)
年が明けると,いよいよ数え年80歳。
SDGs(持続可能な開発目標)に倣って,持続可能な雪かき目標を考えるべきかもしれない。
とかいいながら,今年も行き当たりばったりに始まってしまった。
2021.12.13
11月にはまったく積雪なし。12月に入って2日に初めてちょっぴり積雪。その後も降ってもすぐ解ける。
この日朝若干積雪。汗が滲む程度の雪かき。
2021.12.17
午前中10cm以上湿雪。昼を挟んで初めて本格的な雪かき,汗どっぷり。その後も降り続き晩メシ後鬼のような雪かき。
生振にあるアメダスによる石狩の公式積雪値は17cmとのこと。花川での実感値では軽く30cmを超えていた。札幌には及ばないけど。
2021.12.18
前夜初めてブルが入る。そしてこの朝は猛吹雪。少し収まるのを待って雪かき。
まるで少雪だった一昨年よりは多いけれど,ここまでのところでは昨年とどっこいどっこいか・・・
2021.12.20
西の空には今年最後の満月が残っていた。おかげで雪かきは免れる。
2021.12.23
昨夜は楽勝と思われた。今朝,30cmほど黙って積もっていた。早朝雪かき1時間強。7時前にやり残して切り上げ。僅かに角度を変えて(← 余計なお世話)撮る。そして9時からかれこれ1時間。
2021.12.27
24,25そして26日お昼近くまでは雪が降らなかった。油断してしまった。今朝起きると23日を凌ぐ積雪。1時間半ほど格闘して7時過ぎに参りましたと切り上げ。普段は日中の除雪はないのに,10時過ぎにブルの音。たくさん置き雪していってくれてアリガト。たっぷり2時間雪かきして音を上げた雪かき爺ぃは,12時過ぎについにロードヒーティング通電。それでも降りやまず。ついでにわが家の銘木?ヒノキ
2021.12.31
起き抜けの雪かきは免れたものの,朝から降り出した雪は10cm超。昼前には青空。気持ちよく大掃除。
2022.01.01
吹雪の2022年元日。夕べから入れっぱなしのロードヒーティングのおかげで,敷地内の雪かきは楽。

2021.12.13 (7:17)

2021.12.17 (12:11)

2021.12.17 (19:51)

2021.12.18 (7:26)

2021.12.20 (5:47)

2021.12.23 (6:50)

2021.12.23 (9:59)

2021.12.27 (7:13)

2021.12.27 (11:01)

2021.12.27 (12:36)

2021.12.31 (11:47)

2022.01.01 (7:27)


雪にもコロナにも 2021 負けないつもりでいますが 2021.04.04 もくじ


雪遊びも後半戦
2020.02.06
朝は降っていなかったのにその後湿った雪。午後の雪かき。重たいので放り上げは断念してもっぱら脇にペタペタ貼りつける。
2021.02.07
明け方から降り始めた雪はフワフワ。軽いので余裕で放り上げ。
2021.02.08
つかれた。
2021.02.16
ここしばらく雪降らず。昨日,今日は雨。雪嵩沈む。
今朝,暴風雪波浪警報発令。現在午後7時過ぎ,ここまではたいしたことはなかったけど。
2021.02.19
二つ玉合体低気圧がようやく北千島方面に去ってくれた。
この間,ドカ雪ってほどの雪ではなかったが,毎日1〜2回大汗をかくいい運動ができた。アリガト。
2021.02.24
今頃になって今冬一番のドカ雪。朝6時から8時まで雪かき。ウソでないよ。他人様からは”アホちゃうか”と思われているに違いない。実際アホなんだからしゃーない。
2021.02.27
昨日お昼頃からいきなり猛吹雪。たまたま句会の日。行きも帰りも白魔との戦い。帰ってからは力勝負。
雪山は上には伸びずに幅を増し,ずんぐりとしてきた。
2021.03.02
3月になったら雪かきなんかするもんかっ!とはいってられない根性の座った大雪。明後日から暖かくなるというからあとは解けるだけだし,最後のお付き合いと,朝夕2回大汗を掻く。背中筋肉痛。
2021.03.07
上のデータからもわかるように,3/5時点での積雪は最近6年間では最深となった。今朝もやや積もった。だがしかし,もう雪かきなんかするもんか。雪の山はみるみるうちに小さくなっている。
2021.03.14
そして,車道にはみ出した部分の雪崩しが始まりました。体を持て余している年寄りの自己満足に他なりません。見方によっては大いなるはた迷惑。ほっといても解けるっていうのに・・・
2021.03.21
庭の雪の山には手をつけていないのだが,勝手に随分痩せ細ってきてくれた。
車を外に出しておいたら,今朝は珍しくうっすらと雪を纏った。この車が【花畔・網】で姿を見せるのは,きっとこれが最後になることだろう。15年,16万キロ,お疲れさま。(3/7の拡大画像参照)
2021.04.04(画像は2021.03.30)
雪解けは意外と速かった。この日(3/30)家の周りの雪はすっかり消えた。
閉じますの真相は3/30の画像の中に埋め込みましたので,クリックしてご覧ください。

2021.02.06 (14:44)

2021.02.07 (7:16)

2021.02.08 (12:27)

2021.02.16 (7:39)

2021.02.19 (7:03)

2021.02.24 (8:13)

2021.02.27 (9:25)

2021.03.02 (16:34)

2021.03.07 (7:09)

2021.03.14 (14:45)

2021.03.21 (7:44)

2021.03.30 (11:51)


手ぐすね引いていた排雪
2021.02.01

排雪は午前中にほぼ終わりました。さっぱりしました。
それはそうと,"手ぐすね"って,漢字で書くと"手薬煉"なんですね。

排雪直前

 

 

 

 

排雪直後


問題は"花畔岬"が出現するか否かだ
2021.01.03
穏やかな新年だった。と油断していたら,昨日2日,夕方から一気に20cmを越す積雪。うたた寝から目覚めて夜8時ころからたっぷり雪かき。それでも収まる様子なくて,今期初・ロードヒーティング通電。やや効果あり。
2021.01.06
NHKの雨雲データマップを見ていると,今年は本町,八幡町あたりが雪雲の通り道になっているようだ。それに比べると,花川界隈は去年より多いとはいえ控えめな降り方である。この分では"花畔岬"出現しないだろう。
2021.01.08
疲れて果てて寝てしまいました。ので翌日の更新になってしまいました。
お詫びにビーチグラスアイスを作ってみました。下の1/8の画像(サムネイル)をクリックしてください。
2021.01.11
昨日午後1時ころ猛烈なホワイトアウトに襲われた本町地区から死に物狂いで逃げ帰ってきた花川地区は快晴だった。吹雪は私を尾行してきたようだ。夕方から大荒れ。夜ひと仕事してクタバり,今朝もまたクタバった。
2021.01.16
いやはや重たい雪でした。北陸の皆さんのご苦労が身に滲みました。腰が砕けるので放り上げるのは断念。車道に若干はみ出して押し付けました。去年の初はみ出しは2/6だったので,やはりだいぶ早いですね。
2021.01.20
昨日は朝から猛吹雪で朝,夕雪かき。今日は回復かと思ったらとんでもなくて朝,昼,夕の雪かき。
2021.01.29
しばらくぶり,朝から本気の雪。ついに花畔岬,現われる!
近日中に排雪が入るのが確かだと分かっての作為的な出現で申し訳ありません。

2021.01.03 (7:06)

2021.01.06 (6:55)

2021.01.08 (11:05)

2021.01.11 (7:23)

2021.01.16 (7:17)

2021.01.20 (16:21)

2021.01.29 (11:50)


ぴえん
(実は意味不明で使っている。私は鼻炎)

2020.12.04
先月11月11日,まとまった降雪があり15cmほど積もりましたがすぐに融けました。その後降らず。
12月に入ってようやくちょっぴり。今朝久しぶりの積雪。といってもせいぜい5cmほど。雪かきした気にもなりません。
2020.12.14
昨日一日中,クシャミ,ハナミズ,ナミダメに悩まされた。いよいよコビット-19かと覚悟しつつ眠れぬ夜を過ごした。そして今朝いきなりの積雪(たかだか10cmちょっとだけどね)。黙ってはいられない。けど,汗ビッショリ。
2020.12.16
一昨日14日から3連続真冬日,そして降雪10cm超。今朝は6時過ぎから雪かき始めたけど,している間にもどんどん降ってくるからなにがなんだか…(11時過ぎの書きこみ)
2020.12.19
朝10cmほどの積雪。このくらいでは写真撮っても変わり映えしませんね。
と思っていたら,夕方からホワイトアウト。いままたばっちり積っています。どうしましょ?(午後7時)
2020.12.20
今朝も10cmほどの積雪。1時間弱の雪かき。でもこのくらいではね,と思っていたら日中降り止まず。
石狩の積雪も60cmを越し,そろそろお願いしますよ,の気分。
2020.12.26
昨日も朝昼,そして今朝も,それぞれ30分以上汗かきした割には写真を並べてみたらたいしたことなくてガッカリ。予報では年明けにかけて雪だるまが並んでいるので楽しみ。
2020.12.27
撥ね上げた雪の山もだんだんサマになってきました。形を整えるのにも,匠の技が求められている。
2020.12.30
昨日,一昨日ラクしましたが,今朝は10cmほどの積雪。去年よりは多いものの,2年前,3年前に比べるとまだまだですね

2020.12.04 (6:30)

2020.12.14 (11:15)

2020.12.16 (7:16)

2020.12.19 (7:12)

2020.12.20 (16:05)

2020.12.26 (6:49)

2020.12.27 (6:52)

2020.12.30 (7:16)


地球温暖化のせいか? 2020 雪の出足が鈍い 2020.04.01 もくじ
3月になったら雪かきしません
2020.02.29
夕べ倦怠感から車を出しっぱなしに。そしたら朝にはこれだけ雪を被っていました。まぁ,すぐに解けるでしょう。
まだ2月ですけど,おまけの一日。今日から雪かきをしないことにしました。
2020.03.01
上のデータでもお分かりのように,2月の月間降雪量を見ると,結構大雪の年でもあることを再認識。
それはそうと車は破れかぶれでそのまま放置しました。そしたら今朝にはこんな按配でした。
2020.03.06
暴風雪の道東の皆さんは大変だったでしょうが,石狩ではこんなくらいですみました。すぐに解けるでしょう。
おかげで,3月に入っての雪かき爺ぃは免れています。
2020.03.16
6日以降12日ころまでに雪の山は一気に沈んだ。が,その後見た目にあまり変化がない。
今日(実は17日)から数日で,どんどん小さくなるような予感。
2020.03.21
昨日からの雨と風と温度でみすぼらしい雪の山になってしまった。
2020.03.26
暫定値だが,今年石狩の最終根雪日は昨日3/25となる可能性が大きい。(上の雪データ参照)
だとすると最近16年では最速記録となる。やはり地球温暖化のせいなのだろうか。
ところで,北海道新聞の一昨日(3/24)夕刊一面のコラム”今日の話題”(←必読)が見逃せない。
下の3/21のサムネイルをクリックして読み比べていただきたい。
2020.03.29
いよいよ雪の山は小さくなった。
コロナさんもこんなふうに速やかに消滅していってくれることを祈りたい。
2020.04.01
ほぼ雪は消えました。今年の降雪量は去年よりもっと少なく,2010年以来では最少です。
ということで,このページもふたつの三密(”密閉,密集,密接”,”身密,口密,意密”)の修行にいそしむべく,夏季休業に突入いたします。
イタチの最後っ屁みたいですけど,北海道新聞の一昨日(3/30)朝刊一面のコラム”卓上四季”(←必読)をどうぞ。

2020.02.29 (10:17)

2020.03.01 (7:55)

2020.03.06 (8:08)

2020.03.16 (10:54)

2020.03.21 (10:24)

2020.03.26 (8:48)

2020.03.29 (8:57)

2020.04.01 (10:04)


今年は排雪なしですか?
2020.02.04
例年1月末には終わっていた排雪作業ですが,今年はまだその気配がありません。
幹線,準幹線はともかく,わが家の前のような生活道路の排雪はむしろやめてもいいような気がします。
なんてこと考えていたら,久々どっさり降ってくれました。
予報を見るとしばらく雪だるまマークが続きます。帳尻を合わせてくれようとしているのかな?
2020.02.06
ドカッ!と来ました。昨日午後からのオニのような雪を夜中にブルと戦いながらある程度片付けておきました。(2/5 21:49)
その後も降り続きましたが,通電しておいたおかげで今朝はラク(それでも1時間は雪かき)。
近日中に排雪が入ることが確定しましたので,放り上げるのはヤメて若干車道にはみ出すことにしました。
2020.02.08
根性のない雪がちょっとだけ降りましたが,放り上げるのはヤメましたので雪山の高さは変りません。
いつもの年より10日ほど遅れで明日にも排雪が入る見通しとなりました。
と思ったら,あらら,始まっちゃったよ。
2020.02.09 排雪終了
そもそも雪が少なかったためか,排雪作業の手順が例年とは大違い。
昨日のうちに車道の雪をブルがかき集めて所定の場所へ積み上げる。
今朝ロータリーがやってきて,集められた雪をダンプに積載
わが家の前は知らん顔して通り過ぎるだけのロータリー
おそろしく寒い中眺めていたけど,見せ場もなく物足りないったらありゃしない。← 変な年寄り。
2020.02.10
せっかく排雪が終わったばかりだというのに,またしっかり降ってくれましたので,今朝はしっかり雪かきのし甲斐がありました。昨日,雪の山をしっかり崩しておいたので助かりました。
これくらいしっかりを多用できればしっかり政治家になれるかもしれません。しっかり
2020.02.11
10日は夜にもしっかり雪かき。さらにこの朝の雪かきで今冬一番の雪山の高さを誇る。午後にはハズレ群来ツアー。
2020.02.16
暖気が続いて5日間で雪山の高さがずいぶん縮んだ。今夜から荒れ模様というからまた挽回するのかもししれない。
2020.02.17
”かもしれない”じゃなくて,しっかり挽回されました。夕べも少ししたにもかかわらず,今朝は2時間雪かき。
ゴメン,鯖をよみました。訂正します。正しくは1時間50分です。膝も腰も肩も腕も悲鳴をあげて喜んでいます。
2020.02.18
今朝の雪かき時間は昨日の半分ほどですみました。でも,雪質がだんだん重たくなってきています。
雪の掻き揚げ場も,あと2,3回の大雪には耐えられそうです。
2020.02.19
3日連続です。今朝は1時間を越えました。汗だくです。
もう降ってくれなくてもいいかな…
2020.02.25
昨日からの雪,重ったい雪との戦いでした。夕べの21:43の段階ではこんな感じ
その後ブルが来たり,また降ったり。今朝の雪の山はなかなか迫力あると思いませんか?
2020.02.28
朝の雪かきは30分ほどですみました。25日もそうでしたが,湿った雪なのでもっぱら貼り付け作戦。雪山の形を整えるのにはもってこいです。雪かき途中の朝焼け(6:19)が綺麗でした。


2020.02.04 (7:20)

2020.02.06 (6:57)

2020.02.08 (6:57)

2020.02.09 (11:11)

2020.02.10 (7:15)

2020.02.11 (10:54)

2020.02.16 (6:31)

2020.02.17 (8:06)

2020.02.18 (7:01)

2020.02.19 (7:13)

2020.02.25 (6:49)

2020.02.28 (6:36)


ウォーミングアップ不足
2019.12.15
2016年版が蘇えったかのような12月の少雪。
去年(2018年)の12月15日とはエライ違いです。とはいえ去年の冬は全体としては少雪で楽でした。
今朝はこの冬8回目の早朝雪かきエクササイズ。回数を稼いでいる割にウォーミングアップ不足。
今朝の雪もきっと解けちゃいそう。
2019.12.25
相変わらず出足の鈍い雪です。データをご覧になると分かるように,2005年以来の16年間で,今日12/25現在の積雪は4番目の少なさです。一応石狩の積雪は18cmとなっていますが,これはあくまでも生振での値。花川ではもっと少ないような気がします。
といっても,2番目に少なかった2011年のように,年が明けてからのように降る年もありますから油断は禁物です。
雪かきが無類に好きな?私でも,2016年のペースを期待しているところであります。
2019.12.26
昨日夕方の時点で最深積雪値を18cmと記しました。が,夜になって降り始めた雪はこの冬一番の気合いが入っていて,日が替わるころには25cmに達していたようです。データを訂正いたしました。
雪は朝まで降り続け,今日10時現在積雪値35cmです。おかげで今朝の雪かきは60数分。しっかり汗をかきました。
2020.01.01
雪が降ってくれません。毎朝,うっすらかんたん雪掃き程度。元日の朝,石狩の積雪深は12cm(アメダス)。
2020.01.05
1/4 やや降雪(10cmそこそこ)。夜,メンドクサそうにブルが入る。そして今日(1/5)も朝から申し訳なさそうにチラつく。
午後の雪かきでようやく10日前のレベルに。予報ではこれからもあまり雪は降りそうもない。厚田はもっと少なそう。
去年だって少雪だったのだけど,下の画像で去年の1/5と見比べてみてください。
2020.01.14
昨夕からようやくまとまった雪。といっても10cmあるかないか。勇んでブルが入る。
2020.01.16
昨日15日の朝も,それなりに”雪かきした感”があったが,見た目あまり変化がなくここで取り上げるほどでもなかった。データでもお分かりのように,1/15現在の最深積雪値はついに最低を記録している。
しかし今朝はこの冬一番の積雪。うれしい。未明に降ったようで,ブルも入らず。早朝雪かきたっぷり80分。
2020.01.21
昨日は,朝昼晩と3回雪かき。朝昼はほんの小手調べ程度でしたが,夜は汗をかきました。
まだ降り続いていたので今冬初めてロードヒーティングに通電して寝ました。
おかげで今朝も結構な積雪でしたが,助かりました。
はねあげた雪の山はそれなりに成長しましたが,まだまだ昨冬の12月中ほど程度です。
2020.01.26
昨日いくらか雪が降ったけれど,1/25現在の積雪値は1/15に引き続き過去(16年間)最低を継続中。
夕方雪かきをしておいたおかげで,夜にブルが入ったけれど朝の雪かきは免れました。
雪の山はほんのちょっと高くなった程度です。

2019.12.15 (6:30)

2019.12.25 (6:46)

2019.12.26 (7:13)

2020.01.01 (12:03)

2020.01.05 (14:33)

2020.01.14 (6:48)

2020.01.16 (7:45)

2020.01.21 (7:15)

2020.01.26 (7:11)


2019年以前のデータ 2021.12.22 もくじ